日本もとうとう司法取引か(ツイッター風ブログ)

 これからの予定であるが、改正刑事訴訟法について、施行日を6月1日とする方針を固めた、と1月25日の産経紙が伝えた。

 それは司法取引である。個人的には好きではない。つまり、犯罪を犯した者を許す代わりに他人の犯罪を自供せよ、とのものである。

 取引である。

 何か腑に落ちぬところがある。警察なり検察庁の取り調べ能力が落ちてしまったのかも知れない。そこには、もちろん取り調べの可視化の問題が絡んでいるのかも知れないが、何か腑に落ちない。

 犯罪の防止に役立つようには思えないのである。腑に落ちないが決まったものであれば止むを得ない。

 ではまた、御機嫌よう、さようなら。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック