「米国の共和党のブキャナン氏の主張・核武装を」について

米国の共和党のブキャナン氏の主張・核武装を」について
<< 作成日時 : 2017/12/31 06:00
 米国第一主義などのトランプ大統領の政策決定に大きな影響を与えた保守派の重鎮パット・ブキャナン氏(79歳)が、日本や韓国は核武装をすべきと主張しているようだ。産経紙がインタビューをした。
 また、ブキャナン氏は共和党のニクソン・レーガン政権で要職を占めた。

〇氏は、当面、当然に中国やロシアは核放棄は放棄はせず、アメリカは中国やロシアとは危険な対立はしないと見ているようである。

〇また、北朝鮮は核装備と弾道ミサイルの開発と装備は、自国の安全を保持するために放棄はしないであろうと見ている。そして、米国はそのことを容認しない、とも述べている。 

〇マティス国防長官やティラーソン国務長官などは、日、米及び韓への被害を考慮し、北朝鮮に対する軍事的攻撃はしないが、許容出来ないのはアメリカを正確に核攻撃出来るミサイルを持つことだとする。

〇米国のプレゼンスが低下すれば日韓で核武装する機運は高まると見ている。また、米国人は北朝鮮が米国本土を核攻撃することは許さないが日韓に対する場合は許容するであろう、としている。

 読者は12月30日の産経紙をご覧下さい。
 
 ではまた、御機嫌よう、さよぷなら、良いお年を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック