「加形問題」は元愛媛知事の加戸氏に聞け、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

「加形問題」は元愛媛知事の加戸氏に聞け、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 結論を先に書く。参議院の閉会中の審査で語った文科省OBの加戸氏の話が真実を語っているのだ。氏は語った後にさっぱりした為か、確か、今は家族と海外旅行中なのである。

 氏は、加形学園問題で揺れる、今治市を所管する愛媛県知事を勤め、前文科事務次官で「スケベ」の前川氏の先輩なのである。

 基本の基本を図式化すると、要望→好転(民主党)→不調(自民党)→好転(自民党)なのである。間違いないと思うが、つまり、結論は何の問題も無いのである。自民党の石破氏の4条件もクリアしているのである。

 安部総理は説明不足だと言うコメンテーターなどの識者は居ると思いますが、不肖今唐加太朗に言わせれば十分すぎるほど説明済みです。

 もし、これでも、この問題について不信に思う読者が居るのであれば、少し古いが7月11日の産経紙をご覧下さい。直ぐ、ご理解いただけると考えます。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック