NHKのニュース9は偏向だ、幼稚だけではない、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

NHKのニュース9は偏向番組か、幼稚だけではない、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 昨夜(6月26日)の「ニュース9」のテーマの一つに、安部総理の憲法9条はそのままにした自衛隊の「加憲」があった。安部総理は、確か、2020年までに改正しよう、と自民党総裁として提議した。

 また、6月25日の産経紙の、一面見出しには、「自民改憲案、秋の臨時国会で」、の大きな見出しが躍った。有馬キャスターと桑子キャスターは、推測だが、紙面の内容を良く読んでいないのであろう。

 安部総理は、来るべき臨時国会が終わる前に改憲の具体案を出す、と括弧(「」)が付いている、完全な観測記事である。
 
 そして、番組の画面には「産経紙の正論懇話会」での安部総理が映し出され、一方、政局にこだわる野党四党は加形問題などで臨時国会の開催要求を安部総理に求めたが拒否されたようなのである。

 民進党の山井国対委員長は「謹厳実直然としたお顔」で議員の4分の1を持つ正当な要求を拒否されたと息巻いていた筈だ。これから、与党は臨時国会を認めるのであろうか。

 こんな状況の中で、有馬キャスターと桑子キャスターのご両名は顔を見合わせながら「良く説明しなければ」旨感想を漏らすのである。

 <前に書いた記事です、ご参考に。> 

NHKのニュース9、偏向か、幼稚なのであろうか、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)
<< 作成日時 : 2017/06/24 05:59 >>

 NHKのニュース9については、確か、2回の警告を与えた。それは単なる感想を述べるだけでも「公共放送(公正な事実の報道)からはみ出し偏向に類する恐れがある」、との意味からである。

 BSフジNOプライムニュースと併せて観ていたので、全ての報道内容を押さえていた訳ではありません。

○今回(6月23日)は、警告ではなく、件名のとおり、偏向か、幼稚なのか、との疑問を与える。恐らく幼稚なのであろう。

○具体的には、有馬キャスターが、翁長知事が「取り消し訴訟」した辺野古基地の工事の現場を訪問したのだが、世界一危ないそうなのだが、普天間基地が撤去(返還)されることについては、全く、触れて居なかった。

○しかも、翁長知事のその訴訟は最高裁判所において完全に否定されているのである。

○更に、現場でのコメントは、共産党及び社民党、あるいは、極左系の人物に類いするような内容のみ、であった。

 だが、上のシーンでの最後では、安部総理も参加した「返還祈念式典」で宣言した女子高校生の映像について、二人の真っ当な感想であったが。

 なお、冒頭に、単なる感想にも注意して欲しいと書いたが、桑子キャスターがもらした感想であった。また、NHKの「ニュース9」と言えば日本の報道場組みの雄であり、影響も大きいのです。ですから、よくよく、注意して欲しいのです。

 <前の記事終わり>

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック