小池知事の築地市場の豊洲移転発言、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

小池知事の築地市場の豊洲移転発言、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 小池知事の基本方針の発表は、どうやら、メディアや移転について賛成と反対の中卸商などからも評判が良くない。つまり、具体的な姿が見えてこない、都議選を睨んだパホーマンスである、知事と議会の二元性を理解していない、等の批判がある。

○特に、6月21日のBSフジのプライムニュースに出演していた中卸商は、酷評すれば、たかが魚等の中売り商分際であるのに、笑い飛ばして、馬鹿にしているのである。日本人の悪い癖である。

○彼女は、専門家会議、市場問題PT、市場のあり方戦略本部、と三つの組織を次々に作り、「決められ無い知事」との評価を背負った。そして、今回の発表である。

○彼女の肩を持つ訳ではないが、豊洲は、IT、AI化した物量センターとして、更なる施設の拡充等を睨むのだろうが、一大物流の拠点にするという。

○ユーラシアや中国大陸からの物資や情報を日本で受け、太平洋に押し出す可能性もある。なんだか、雄大な構想のようには思える。

○築地はそのブランドを生かすことを念頭に、「オリンピックの中継基地」としたのち「食のテーマパーク化」を目指すと言う。

 確かに、「IT化社会」においては「中央の巨大な市場」は変質をしていくのであろう。「宅配業界」も変質を迫られつつある。また、過疎化した地域においては、残念であるが、雑然とした市場の買い物の楽しみは失われてしまうのであろう。

 つまり、関係者もメディアも批判だけでなく、「市場のあり方戦略本部」と共に「中央の巨大な市場」はどうあるのか考えていくべきであると思う。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック