参議院の効用、自民党三原じゅん子女史の場合、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

参議院の効用、自民党三原じゅん子女史の場合、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 5月1日の産経紙「単刀直言」に自民党参議院議員2期目の三原じゅん子女史が登場している。彼女はご存知のとおり、女優さんで世間に知られている。だが、事業を手がけたり、レーサーもやっていたようだ。

 そして、どうやら、三東昭子派(派閥)とは特別の関係はないようである。

 記事にした理由は、彼女は女性だが、また、当然、「電通の新人女性職員の自死」を是認してる訳ではないだろうが、「管理職になりたければバンバン働けばいいし」と語っていたからだ。女性としの、議員としての、意気を感じたからである。

 また、ここに参議院としての役割があるのではなかろうか、政治に志があり、日本のために何かをしたいのであれば、参議院に立候補すれば働く機会が与えられるのである。

 彼女は、働き方改革や少子化対策、地域コミニュティーの濃密化及び自身が子宮がんで闘病をした経験からの医療政策などが政治的テーマなのであろう。

 また、子役当時からのマネジャーの元東映俳優の杉義一氏の「芸能人馬鹿になるな」、「新聞を何紙も読め」、「偏った考え方を持つな」を座右の銘とし、新しく、高いレベルの活躍も目指しているようである。

 最後になりましたが、活躍を祈っております。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック