あゝとにあつく!慰安婦像設置、アメリカに政府が撤去について提訴(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!慰安婦像設置、アメリカに政府が撤去について提訴(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 やっと、気分がすっきりした。但し、上手くいったらの話である。アメリカの慰安婦像の設置については米地方自冶体がしばしば介入してきた。それは議会を通じてである。

 日本国にとって慰安婦問題は外交方針や政治問題に拘わってくる。そして、この 問題は連邦裁判所の所管であるらしい。そこで、日本政府は、米自冶体の介入は見逃せないと提訴したようだ。また、日本政府の素晴らしい担当官僚は謙虚にも内政干渉に及ばないよう配意もしているようだ。

 慰安婦(娼婦)は、昔は、何処の国でも合法であった。日本における慰安婦問題は、強制連行や慰安婦の人員、年齢など巨大な虚構であることは、既に、数々の実証的資料などにより証明されているのである。

 日本政府は「謂(いわ)れの無い当たり前のこと」にやっと立ち上がったのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック