あゝとにあつく!オスプレイ(垂直離着機輸送機)、翁長知事と稲嶺市長の連携アホ(考察シリーズ、ブログ)

あゝとにあつく!オスプレイ(垂直離着機輸送機)、翁長知事と稲嶺市長の連携アホ(考察シリーズ、ブログ)

 12月13日に発生したオスプレイの事故について米軍は19日に運用を開始した。勿論、稲田防衛相も了承はしている。件名にアホと書いたが、反対の為の反対をする馬鹿と言う意味であります。

 つまり、視野が狭く短絡的思考をする人物であるとの意味であります。お二人は沖縄県の独立を求めている訳でもなく、稲峰市長は別にして翁長知事は、本来、保守の人でもあるのです。

 大東亜戦争において沖縄は甚大な被害を受け、また、県民が苦労をしたことは間違いなく、ヤマトンチューとしては真摯にお見舞いを致します。

 だが、戦艦大和は片道燃料で出撃し南海に果て、オスプレイの駐機を見下ろせる普天間基地近くの小山には沖縄戦で倒れたヤマトンチューの兵士ついての慰霊塔が設けられているのである。

 事故については、オスプレイが空中給油中、そのホースが乱気流でプロペラに触れ、操縦困難に至ったもので、住民被害を避けるため止むを得ず海上(浅瀬)に不時着したもので、このブログに既に書いた。

 しかも、その空中給油は当分しないと言明しており、事故は搭載システム、機体系統、機体構造を原因とするものではないそうで、運行再開に何の不都合があるのであろうか。

 沖縄が独立したいのであれば兎も角、知事と市長の反対のための為の揃い踏みは止めていただきたいのです。

 (終わります、ごきげんよう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック