あゝとにあつく!百田尚樹、石平氏の「蛙の楽園が地獄と化す日」(文学シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!百田尚樹、石平氏の「蛙の楽園が地獄と化す日」(文学シリーズ、ツイッター風ブログ)

 本を買わなくなって久しい。理由は新聞でも読み切れず、愚妻にして愛妻が二階の廊下に積み上げていた本を密かに芥として捨てており、私から言えば唯一の宝であった蔵書が市の清掃工場の煙となっていたのである。

 そして、珍しく立て続けに2冊の本を購入しました。

 1冊は、新聞広告を見て件名に示している通り、両氏の対談の本、「蛙の楽園が地獄と化す日」を買った。ところが耄碌して来た証拠に違いないが、対談は「カエルの楽園(百田尚樹著)」が基礎になっていたのである。

 それで対談の「蛙の楽園が地獄と化す日」は途中で置いて、今は、「カエルの楽園」を読んでいます。本は、カエルの物語で、乱暴に紹介しますが、日本の現状を踏まえた寓話小説、を読んでいるのである。

 百田尚樹氏については海賊と呼ばれた男(上下)がベストセラーになり購入していたが、今読んでいる本とあわせ何れも面白く未だお読みでない読者は読んで見てください。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック