あゝとにあつく!日ロ交渉どうなる、安部総理、プーチン大統領どうする(考察シリーズ、ブログ)

あゝとにあつく!日ロ交渉どうなる、安部総理、プーチン大統領どうする(考察シリーズ、ブログ)

 基本を確認しておこう。歯舞、色丹、国後、択捉の4島は問題なく日本のものである。共産主義者のロシアの独裁者スターリンが、日本と結んでいた平和条約を無視し、正義面しているがアメリカ、イギリス等と結託して一方的に日本から奪ったものである。

 そして、スターリンは日本人の兵隊を不法に拘留し極東開発に従事させ、大量に殺した。全く、言語同断の話なのだ。どうせ時効なのであろうが「仲裁裁判所」に提訴して、賠償責任を追求しなければならなかった問題でもあった。

 日本は、大東亜戦争に負けてしまったが、樺太の南半分は放棄したが、上の4島は決してそうではない。

 さて、今回の交渉であるが、4島の返還を踏まえてだろうが日本とロシアが、

○4島で共同経済活動を行う。

○日本の島民の自由な往来を確保する。

 の2点が決まったようだ。

 これから、上の二点を守りつつ、プーチン大統領の政権も当分長く続くであろうから、安部政権もそれに対応させ、「二島返還、二島継続審議」で妥協してはならず、プーチン大統領の言う「引き分け」にしてもならず、日本国民はこぞって団結し4島そのままを返して貰いましょう。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック