あゝとにあつく!安部総理が真珠湾攻撃についてオバマ大統領と慰霊(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!安部総理が真珠湾攻撃についてオバマ大統領と慰霊(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 安部総理の慰霊について異議を語るつもりは無いが、ここでは、二つの点について、念のため、安部総理にお願いをしておきたい。

 一つ、オバマ大統領は広島で「核廃絶」は訴えたが原爆を投下したことについて、日本国民に詫びてはいない。アメリカは、日本が青色吐息でロシアを通じて「終戦工作」をしていることは承知しており、必要のない原子爆弾の投下であったのである。

 日本は本土決戦を叫んではいたが、原爆の投下は日本の降伏を促し、多くの若者の命を救った等の定説は欺瞞であったのだ。尤も、日本の都市に対する無差別のじゅうたん爆撃も言語同断なのであるが。

 二つ、日本が真珠湾を奇襲し大東亜戦争に踏み切った理由は、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線に参加したい「ルーズベルト、トルーマン政権下」の、外交上あり得ない「ハルノートの通告」などアメリカに乗せられたものである。

 また、これは予測ではあるが、上のニュースを伝えた放送メデイアの中でオバマ大統領の談話として、「慰霊を強いるものではない」旨があり、オバマ大統領は上の二点を承知している可能性がある。

 さて、結論であるが、安部総理の談話内容は「両国民の友好の理解を深める」までが限度であることを守って欲しいのです。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック