あゝとにあつく!勝負は正々堂々と誤魔化(ごまか)さず、ゴルフ(感想シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!勝負は正々堂々と誤魔化(ごまか)さず、ゴルフ(感想シリーズ、ツイッター風ブログ)

 今日(11月22日)ゴルフに行って来て、一眠りして、この記事を書いています。平成28年(2016年)のゴルフもそろそろ終わりに近付き、あと、2回と12月分を残すだけとなりました。

 そして、「勝負は正々堂々と誤魔化(ごまか)さず」を概ね貫いたと考えています。

 馬鹿みたいに6インチOKでもボールにはタッチせず、その理由は、「あるがままに」を私なりに貫いたからです。日本アマを6連覇した中部銀次郎氏の著書を読んだからです。

 観ていると、仲間のゴルファーの中にもクラブのフェースの前、後ろでボールを大きく、巧に、動かす者がおります。何と、グリーンの上でも両手を巧にひらひらさせ、やってしまう人物もおります。くわばら、くわばら。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック