あゝとにあつく!不正な政治活動費、続々発覚、政治家は矜持が無いのか(ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!不正な政治活動費、続々発覚、政治家は矜持が無いのか(ツイッター風ブログ)

 続々と発覚している政治活動費の不正について、産経紙(10月30日、大阪版)が警鐘を鳴らしてくれた。つまり、各県、市長町村の取り組みについてだが、記事の紙面は第一面で、「ネット公開しているのは14議会のみ」との大きな見出しが付いている。

○府県で収支報告書、領収書、についてインターネット公開しているのは次の通りである。

・二つとも公開~大阪府、兵庫県、

・収支報告書のみ~京都府、滋賀県

・二つとも非公開~奈良県、和歌山県

 中には、「情報公開の正式の手続き」をしないと開示しない議会・冶自体が44議会あるそうで、上の結果と併せ田舎ほど、つまり、「政治意識」が希薄で住民と議員が馴れ合いになっているのだろう。

○議員に政務活動費を支給しているのは、近畿6府県と105の市議会である。

○但し、昨年度は、兵庫県加東市、奈良県の大和郡山市、同葛城市、和歌山県有田市、同紀の川市、同岩出市、の6市は支給していない、また、大阪府の泉南市は今年8月から支給していない、のである。つまり議会が議決すれば、何も、支給しなくてもよいのである。

 さて、結論であるが、国の政治の怠慢があるのであろう。つまり、与野党が話し合い、政務稼動費などは支給しないこととしたらよいのである。

 どうしても、支給するというのであれば、小池東京都知事に習い、ネットでの紹介や点検は当然とし、ブラックボックスを取っ払ってほしいのだ。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック