あゝとにあつく!靖国参拝、意味不明の稲田防衛相の言い訳(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!靖国参拝、意味不明の稲田防衛相の言い訳(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 稲田防衛相は、今日(8月14日)から4日間の予定で、海賊対策の自衛隊の拠点のジブチを訪問するそうだ。当然に8月15日の靖国参拝は出来ないことになる。

 視察先の小松基地で、「靖国の問題は心の問題でもあり安部信三内閣の一員として適切に判断したい」と語ったそうだ。

 産経紙が伝えた。8月15日は無理にしても、別の「例大祭日」にでも行くときの判断であろうか。

 靖国参拝について、心の問題だ、との説明は就任直後にも語っているのだが、止めた方がよい。確かに神社参拝については内心の自由であることには間違いはない。

 要は、馬鹿みたいなA級戦犯祭祀などにかこつけて、中国や韓国が文句をつけるので、煩いから行かないし、行くか行かないかを言わないのだ、と聞こえてくる。

 防衛大臣にしては卑怯にも思えるのだ。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック