あゝとにあつく!ブラジルオリンピック、アスリートはセレブに近道か(考察シリーズ、ツイッタ-風ブログ)

あゝとにあつく!ブラジルオリンピック、アスリートはセレブに近道か(考察シリーズ、ツイッタ-風ブログ)

 こう熱くては外に出る気もせずオリンピックのテレビばかり見ている。というよりは各メデイアはオリンピックばかりを報道するので見ざるを得ないのだ。

 観ていて、今頃気付いて申し訳ないが、一流のアスリートは結婚していて子供を持っていることが多いのだ。家族は当然だが、費用は自弁だろうが大学のクラブ、後援会及び関連企業なども引き連れて応援しているのである。

 そして、企業には、既に就職していて、「アスリート」としての大きさに応じて後援費・広告料を得ているのであろう。

 しかし、最低4年、苦節12年、来る日も、来る日も、身体の鍛錬に勤めなければならず、熱い、等と言いながら寝転がってテレビを観ている訳にはいかないのである。

つまり、彼らが多少のお金持ちになっても、国民としては納得しなければならないのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック