あゝとにあつく!参議院選挙投票結果について、先ず、先ず安心した(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!参議院選挙投票結果について、先ず、先ず安心した(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 昨夜(7月10日)から朝まで地デジのNHKと民報の毎日と朝日を観ていた。お陰でテレビの調子が悪くなり、スイッチを切っていたが、今つけると写るようになったいた。

 さて、今日の産経紙は一面で「改憲勢力3分の2」、「与党勝利、改選過半数」、「野党共闘伸びず」及び「首相、改憲へ橋は架かった」との見出しが躍っている。やれ、やれ、である。

 残念なのは、読者の皆さんに、何回か、お願いしていた日本の心を大切にする党が駄目だったことです。もし、投票に行かれた読者が居たら、本当にありがとうございました。

 大変失礼だと思うが、党の代表の中山恭子女史は、語る内容は抜きにして、テレビ向きでないので、シャキ、シャキ喋る者を会見には出席させて欲しいのです。

 民進党はあの品の無い辻本清美女史に役員室長との役職を与えているし、トンでもないことをぺらぺら喋るキャスター上がりの議員先生が今回の選挙で何名か誕生しています。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック