あゝとにあつく!中国のしたたかさ、ソ連との合同演習を偽装か(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

あゝとにあつく!中国のしたたかさ、ソ連との合同演習を偽装か(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 ソ連の艦隊は3隻が、尖閣諸島の大正島と他の三島との接続水域を南から北に通行し、午前3時5分頃公海部分に出た。

 一方中国の軍艦(ジャンカイⅠ級フリゲート艦)は北から接続水域に入り2時間20分航行し、反転して午前3時10分ごろ北に抜けているのである。

 また、接続水域は無害通航の出来る水域であり、放送メデイは「演習」とソ連は言っていると、伝えたが、「合同演習」とは伝えていないのである。とは言え、接続水域は演習と言った方がやはり通りやすいのだろう。

 この出来事は6月8日夜半から9日未明のことであり、外務省の斉木次官は午前2時ごろ、程在日中国大使を呼び、厳重に抗議したのである。だが、中国は「尖閣諸島は中国のものだ」と平気な顔をしているのである。また、斉木次官は「ソ連と中国の行動は区別してる」旨とも語っている。

 菅官房長官は「断固守り抜く」と心強く宣言している。但し、「偏向平和勢力」は戦争になると、国会前に鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らし、薄気味悪いラップ調で押し寄せるかも知れないが。

 BSNHKの海外放送に寄るとロシアは黒海艦隊を増強しているようで、極東艦隊にも3隻を増強したのに違いない。また、回航の航海でも訓練であることには違いない。

 もっと穿(うが)った見方をすれば、中国が合同演習の「程(てい)」を取らしてくれとロシアに頼み込み借りを作ったかもしれないのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック