あゝとにあつく!防止の要点、アイドル刺傷(危篤)事件についついて(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

あゝとにあつく!防止の要点、アイドル刺傷(危篤)事件について(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 警視庁は対応について問題があるかどうか調査するとしていた。謝罪したんかどうか調べないが、どうやら、落ち度はあったようだ。

 端的に、直ぐ書くが、先ず第一点だが、メディアの報道によるが、本人はもとより、母親までが武蔵野署に付きまとわれている、と電話なり申し出をしているようだ。このような場合、「インターネット上の位置情報の設定」をするようだ。

 それが、行われていなかったようなのだ。そのため、7分、警察官の現場到着が遅れた、との報道があった。

 今朝(5月27日)の報道では、富田真由(20才)さんは110番通報中であった、また、最近の若者に見られる独りよがりで直情的馬鹿人間、岩崎智弘(27歳)容疑者も、それを見て刺した、と供述しているそうだ。

 二つは、「ストカー法」である。インターネット上での具体的な方法は「メール」に限定されているようである。ソーシアルメデアでの様々なツールで表現される「つきまとい表現」は該当しないようなのだ、そうであるならば、至急に改正を必要とする。

 富田真由(20才)さんが頼るのは警察しかないのである。無念を思うとやり切れない。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック