ああとにあつく!アメリカ大統領選挙の候補、トランプ氏(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

ああとにあつく!アメリカ大統領選挙の候補、トランプ氏(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 共和党の候補は、どうやらトランプ氏になりそうだ。民主党はクリントン女史である。アメリカでは初の女性大統領が誕生するかも知れない。これも、大方の見方だが。

 ところで、トランプ氏は評判が悪い。本音でずけずけ物を言うからであろう。だが、このブログの記事で一度書いたが、彼は政治的には素人で、実際の大統領執務は政策ブレーンの意見を尊重する、と語ったことがある。

 そして、以下は3月23日の産経紙がまとめたトランプ氏の発言の「主な内容」である。要約することをあらかじめお断りします。読者で暇な年より等は産経紙でご確認ください。

○中国の南シナ海進出では、米国は中国に対して貿易上の力を持っている。彼らは信じられないほど野心的で、自分を無敵だと思っている。

○尖閣諸島では、中国が尖閣諸島に何をするか言いたくないが、もし、進出すれば、信じがたい侵略である。日本に対する尊重の欠如だ。

○日韓の駐留米軍では、駐留費用の50%を日韓が負担しているようだが、100%負担すべきだ。日韓は裕福なのだ。彼らは米国に商品などを売り込んでいる。

○アジア太平洋では、米国はかっては力のある裕福な国であったが、今は、貧乏で以前のような地位にはない。

○NATOでは、ウクライナ問題の米国に対する影響はNATO諸国に比べ少ない。以下不明(産経紙の悪い癖である。たまにある、AI 訳か)

○軍事支援ではドイツ、サウジアアラビア、日本、韓国について軽減できる筈だ。

 以上である。今、政策ブレーンについては編成中で、トランプ氏はメンバーを未だ、追加するとしているそうである。
そして、案外、まともでもある。如何にメディアの報道が皮相的であるかが解る。
 
 (終ります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック