ああとにあつく!子殺し、親殺しのこころ(2)(文学シリーズ、ツィター風ブログ)

ああとにあつく!子殺し、親殺しのこころ(2)(文学シリーズ、ツィター風ブログ)

 子殺しの章

 ねぇお母さん、自分の肺の中に空気を早く吸って、直(じか)に外の世界の音を聞きたいのですが、もう、ちょっとの辛抱ですか。

 ねぇお母さん、折角外の世界の空気が吸えるるようになった時、死んでしまったら勿体(もったい)無い気がします。
 
 そして、もし、そうであるならば、ねぇお母さん、人類の進歩に繫(つな)がらないと思います。

 (続きます、ご機嫌よう、さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック