慰安婦は「職業としての春を売る女郎さん」か(考察シリーズ)

慰安婦は「職業としての春を売る女郎さん」か(考察シリーズ)

 自民党の桜田義孝文科省副大臣が件名に似た発言をして、後で、撤回しお詫びまでもした。実に、情けない。信念を持って発言し、韓国にもこの問題の理解を深める意図があったのなら、撤回とお詫びの代わりに、職を辞すべきだ。反日の「挺身隊協議会」などは聞く耳は持たないであろうが、矜持ある韓国の人々は深く自覚し、反省もするであろう。

 また、安部政権の番頭である菅官房長官も「政府や党の考え方は決まって居る。国会議員は場をわきまえて発言すべき」旨コメントし、岸田外務相も同様のコメントをしたようである。二人にも反省を求めたい。そのような態度が、「慰安婦問題」に対するデマが世界に広がり、国連のユネスコ委員会にまで、浸透してしまった原因なのだ。

 日本国に理のあることは徹底して、繰り返し、蒙昧と言ってもよい世界には発信することが必要なのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック