南支那(シナ)海における「航行の自由作戦」につい(考察シリーズ)

南支那(シナ)海における「航行の自由作戦」につい(考察シリーズ)

 安部総理は、何故、日本も参加すると言わなかったのであろうか。言ったところで何等、「平和・安保法案」に底触はしない筈だ。民主党や特に共産党の「戦争に巻き込まれる、特に、アメリカの戦争に巻き込まれる」との批判を懸念したに違いない。他に何か理由があるのであろうか。

 実に、情けない。

 尤も、アメリカと中国はこの作戦に当たって、相互に拡大しない、端的に言えば戦争はしないとの「暗黙の了承」があったことについて、馬鹿らしくなったのかもしないが、それはそれで良いではないか。

 知らぬ顔をして、つまりは安心して強硬論をぶち上げたら良かったのである。

 外交とは、化(ばか)し合い、洞(ほら)の吹きあいとの側面があるのに、もったいない、感じがするのです。

 (終わります。御機嫌よう。さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック