「おおさか維新」が勝った(考察シリーズ)

「おおさか維新」が勝った(考察シリーズ)

 嬉しい事に知事、市長とも「おおさか維新」が勝った。今日(11月23日)は、愛妻にして愚妻の我が妹としこたま祝杯を上げよう。

 このブログの記事に書いたが、都構想の住民投票のときに「大阪が潰れる」と、安保法案に対する教条的な共産党の、戦争が始まる、徴兵される、戦争法案だ、とのプロパガンダに、列記(れっき)としと自由民主党が悪乗りして大阪市民を騙したことが許せなかったのだ。

 だから、不肖今唐は少し酔っていたが、自民党の柳本候補が街頭演説しているときに横にいた奥さんらしい美人の女性に「大阪が潰れると言ったことの「言い訳」がない」と少しぼかしたメモを作って渡したら、さすが奥さんである、頭の回転が速い、選挙カーの方に行って選挙参謀であろう、誰かに手渡していた。

 また、確認しないが、柳本候補の選挙公約には中央区と西成区を「特別区」にするとあった筈だ。これはおおさか維新の都構想と同じ「合区」なのである。

 最後のお願いだが、是々非々で応援してきたが、共産党色が強い大阪の官公労や日教組と戦った橋下前市長にお願いだが、充電期間でしばらくは大人(おとな)しくして地方政治は知悉しているであろう木村知事に、大阪を任せてやってほしいと思います。

 (終わります。御機嫌よう。さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック