東北巡礼(考察シリーズ))

 東北巡礼(考察シリーズ))

 この記事に、巡礼と銘打ったことについては意味がありました。東北大震災の意味をもう一度考えたかったのです。

私たちの別の友人は東京に所要があった際、同行した奥さんを一人で帰らせ、自身は一人でレンタカーで被災地を回ったそうである。

感想は聞いてないが彼らしい。と思ったのである。

今度の旅行の友人達にはその思いはなく、ただ単に、行ったことのない東北を一巡りして、彼らの目的は東京にあったように思うのである。何度かは東京に行っているのであろうが、上野と浅草を見る、との目的であったのだろう

 実は、東北大震災にいては報道内容からだとお断りしておくが、下のとおり三つの記事をを書いた。一つは、悔上保安庁である。どうやら、4、500の死体が海に浮かんでいたのに第二の津波を恐れて放って置いたようなのである。

海上保安庁には最後の一体まで捜索を続け、そうでない限り捜索を終わるなと書いた。

 二つであるが、石原元東京都知事だが、安全でなければ、消防は出動させないと言い、安倍総理の取り直しで出動させたそうで、右翼を気取っているが右翼ではない、と書いた。

 三つ、調べないが当時の民主党防衛大臣が石原氏とおなじことを言い、戦争をするところの親分が情けないと書いた。

 不祥今唐加太朗は是々非々なのである。そんなこともあって、映像ではない被災地の様子を見て「実感として自身で確認」を得たかったのである。

 このような東北大震災でお亡くなりになった方々に限りない追悼の意を捧げたい。

(この項目おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック