あゝとに熱く!昭和がなくなっていく、日本がなくなってしまう(考察シリーズ)

 昭和がなくなっていく、日本がなくなってしまう(考察シリーズ)

 島倉千代子さんが亡くなった。波乱の人生を乗り越え見事な人生であった、と言えよう。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」より、そんなには見えなかったが、二つ年寄りの75歳であった。

 団塊の世代より一つ前の世代である。今は、団塊の世代が日本を動かしていると言ってよいであろう。つまり、日本人の劣性遺伝を受け継ぐ人々である。興味があり、わからない人は、我がブログの記事を遡ってご覧下さい。そして、大方、これも、たちの悪い団塊二世たちの時代でもある。

 このようなことを知ってか知らずかだが、安倍総理に頑張ってもらわねばなるまい。端的に言えば、今、親の子殺しが嫌に報道されるが、これもたちの悪い団塊二世たちのもたらす結果であろう。

 隔世遺伝とは、父母の遺伝は受け継がずお爺さんのお婆さんの遺伝を継承することだと思っていたら、そのようにして日本人本来の遺伝も受け継ぐことだそうだ。

 素人だが長い年月、少なくとも一世代はかかるであろう、と思う、この意味でも安倍総理には頑張ってもらわねばならない。

 また、今の世の問題の一つであるが、教育官僚がわけのわからないことを言っている。この10月11日の中央教育審議会教育制度審議会での官僚の発言だと思うが、産経紙での切りり抜きをした筈だが見当たらないので、要旨を記憶で書くが、文科省の官僚についての取材部分での発言だが、道徳教育をどうしたら良いかわからない、と言っているのである。

 何たる専門馬鹿であろう。道徳教育とは人倫の基本を教えることであろう。隣の国や人とも仲良くする。困った人は助けてあげる。正直であって嘘はつかない。このような人倫の基本はナンボでも上げることが出来る。四の五の屁理屈は止めて、文部官僚よ、常識に戻れば良いのだ。

 そんなこんなで、取りあえずは島倉千代子さんの「人生いろいろ」を聞いて、「昭和最後世代、日本を理解している世代」の年寄りよ、生きている限りは、よくよく世の中を見ていこうではありませんか。

 ○ 人生いろいろ 島倉 千代子
  http://www.youtube.com/watch?v=mq37a-wHRVY
   niro1211·46 本の動画(ありがとう御座います)
   チャンネル登録 3,061
  アップロード日: 2010/03/12  作詞:中山大三郎、作曲:浜口庫之助。

 (この項終わり)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック