あゝとに熱く!さぁ、今日から8月だ(文学、日記シリーズ)

 さぁ、今日から8月だ(文学、日記シリーズ)

 さア、今日から8月だ。私の季節だ。もう、泳ぐことは出来ないのだが、そんなことにくよくよしていても仕様がない。ぼちぼち始めようか。一チョ、やってやろうか。私の季節だ。

 ボヤットした生暖かい空気に包み込まれて、アンニュイな空気に包み込まれて、じっとりと汗が噴出してきて、倦怠な気分に包まれるが、私の大好きな夏の季節だ。一チョ、やってやろうか。私の季節だ。

 若い頃も歳を取ってからも広い、何所までも続く海の中に身を横たえて無限の開放感に浸るのが夏の季節の年中行事であったが、喉頭癌で喉元に気管孔という穴が開いてしまい、その事が出来ないのが唯一の欠点なのだが、ムルソーの大好きなアンニュイの季節は毎年やってくる。

 サア、今年は一チョやってやろうではないか。

 (終わり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック