あゝとに熱く!男らしさ(文学、ポエムシリーズ)

 男らしさ(文学、ポエムシリーズ)

娘さんはご活躍のようですが・・・

かってわが国には巷間伝えられるところ非のうちどころのない二枚目俳優がいた。
今の世には、二、三の例外を除き、芸能人俳優が溢れかえっている。
そして、芸能人が分をも弁(わきま)えず、ピンとはずれの政治的発言をする。

特にお笑い芸人がお笑いの分を外し、酷いものである。

娘さんはご活躍のようですが・・・

かってわが国には巷間伝えられるところ非のうちどころのない二枚目俳優がいた。
今の世には、二、三の例外を除き、芸能人俳優が溢れかえっている。
そして、芸能人が分をも弁(わきま)えず、ピンとはずれの政治的発言をする。

特にお笑い芸人が、お笑いの分を外し、酷いものである。

*対ロ交渉が本格的に始まるようですが、全面的に賛同するものではありませんが、この唄に対する二つのコメントをコピーしましたので、読者の皆さん是非お読み下さい。(今唐)

○ 異国の丘 鶴田浩二 .
tts9r27b·249 本の動画
アップロード日: 2009/01/30
http://www.youtube.com/watch?v=R2yQa2P5mrw

<この唄に対するコメント>
○ nekotarou241 3 か月前 (有難う御座います)

 日本人は大東亜戦争を始めた理由を学ぶべきである。そして始めな­かった場合その後の日本がどうなっていたかも想像してみる必要が­ある。テレビ等のマスコミ情報でなく記録文書等の書物から知るべ­きである。昭和20年終戦後にソビエトが北千島に侵攻したが皇軍­はそれを押し返した。もし上陸を許していたら北海道は今もソビエ­ト領となっている可能性もあるのだ。そのおかげで日本は国土を分­割されずにすんだのである。私はシベリアで亡くなった英霊のご冥­福をお祈りすると同時に復員された皆様の御長寿をただただお祈り­申し上げる次第です。

○ 猛 大和1 年前 (ありがとう御座います)

 私の父は昭和18年に37歳で満州に軍属として召集され、4歳の­私と母と、母の胎内に宿した弟を残 して出征して行った。37歳にもなる一家の大黒柱を当時の軍事政­権は平気で軍隊の下働きとして徴用したのである。敗戦と同時にシ­ベリアに抑留された父は語り尽くせぬ苦労の末、なんとか生き延び­て、昭和23年に舞鶴に復員して来た。話は永くなるので止めるが­、この歌は本当に子供のころ愛唱歌の様に歌ったものです。シベリ­アで無念のうちに亡くなられた方々に衷心よりご冥福を祈り上げま­す。 日本政府はロシアに媚びず謝罪と補償を毅然と要求すべし!!

 (おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック