あゝとに熱く!ボーイング787「リチウム電池事故」(考察シリーズ)

 ボーイング787「リチウム電池事故」(考察シリーズ)

 また、また今度は通信関係の「電池」が燃えて無人であったボーイング787の機体後ろの上部で燃えたようである。ご承知のとおり。この飛行機の電池は日本の会社のユアサのものであるようだ。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、日本人の民度が落ちてきたと嘆いているが、幾らなんでも、設計自体に通常であればミスがある筈はない、と考えていたが、もし、そうであれば、アメリカのことであるから莫大な訴訟が起きるだろうと心配もしていたのである。だが、運行が再開されたが、そんな報道もなく安心もしていたのである。

 ところがまたまたの事故である。原因は二つ考えられる。一つは、電池そのものの「金属疲労」である。電池を構成する部品・材質が劣化などで熱を発したもので、もう一つは、設計値以上の電流が流れ込んで加熱したことである。

 ボーイング787は旅客機で始めての電気制御のシステムを採用したそうであるが、このソフトを担当したのはフランスの会社であるそうだが、当然、ユアサでは上のような検証はしているであろうが、念には、念をいれてもう一度再検証をお願いしておく。

 何故なら北海道のJRでは電車が燃え上がるような事故が何回も起こり、やっと本腰をいれて調査するようであり、ちょっと気温が高い日が続いているが、電車が燃え出すというようなこんな話は聞いたことがことがなく、年寄りの不肖、今唐は心配になったのである。恐らく、ソフトの設計ミスではなかろうかとは、思っておりますが念のため記事にしました。

<ご参考>
〔情報BOX〕ボーイング787型機で問題となったリチウムイオン電池をめぐる状況
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPTK831075520130117

 (この項おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック