あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(153)(日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(153)(日記シリーズ)

 昨日、昔の仲間とゴルフに行ってきた。非常に熱く、嬉しいことに汗が一升は出たであろう。何年ぶりであろうか。私は汗かきで柔道などスポーツをするとすぐ汗が噴出するので、練習を一生懸命したとみなされ得をすることも多かったのである。

 兎に角、年寄りで体力も衰えているためであろうが、くたくたで、坂を上がるのもやっとという有様であった。

 一昨日は練習場に行って、軽く練習した。暑さで閑散としていたので、最初にビール中生一杯とチーズトースト、コーヒーでゆっくりと昼飯をとり、2時間ぐらい、酔いを醒ましながら練習したのである。これはナイショの話である。

 前の日記で書いたが、目標は下での捻り戻しである。練習では上手くいったのである。各番手でそれぞれ20ヤードは遠くに飛ぶのである。スポーツ心理の先生が書いていた、「ゴルフ呪文」、を使ったのである。「一杯一杯載せたら(右足体重に)、先行(下での左足体重への捻り戻し)注目(ボールを見てヘッドアップ防止)」である。これで上手くいったのである。

 これも前の日記に書いたが、呪文とパターをゴルフ場で忘れないことを目標にしてラウンドに望んだが、全然、駄目なのである。ダフッてばっかりで飛距離を20ヤード伸ばすどころかチョロばっかりでホール1番で10叩く始末である。実にアウト63であった。勿論、山の原ゴルフクラブ、山の原コースである。

 今、ネットで獲調べたら。、ゴルフ ~修羅の道~
 http://ameblo.jp/golf-amigo/entry-10902352076.html

ダッファー(ダフリ人のこと)は、
・手で上げる。(私ではない)
・手で下ろす。(つまり力が入っている、当てはまる)
・切り返しで腰が動かない。(呪文の「先行」ではないか、「先行」と口で唱えただけで、切り返しで腰(左足へ体重は)「先行」していなかったのだ)
・右手で振り下ろす。(・手で下ろす。(つまり力が入っている、当てはまる)、と同意か、ややこしいが、右ひじは右体側まで下りるのは当然だと思います。私は。)
・右肩が下がる(私にはこの自覚はないが、気を付けてみよう)
・腕の力が抜けない(前と同意)
ダッファーに全員共通です。

 とありました。下手なゴルフの読者はご参考にして下さい。なんだか、書く気がしなくなったので、これで終わります。ちなみにインは57でした。ほんのちょっとマシ程度なのです。

○ 真面目なゴルフ日記(152)(日記シリーズ)
<< 作成日時 : 2013/06/29 12:07 >>
http://39383054.at.webry.info/201306/article_33.html

 次は、山梨県人会のコンペが、同コースで23日です。乞うご期待。

 (この項おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック