あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(148~151)(日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(148~151)(日記シリーズ)

 4月11日に行ってから、4回ゴルフをしたのですが真面目と銘打っているのに書くのをサボっていました。成績が110番を上回るようになってしまったので書く気がしなくなったからです。今書いているのも、実に、久しぶりに100を切れたからです。

 100切りの理由は簡単です。二日前の金曜日に練習に行って右足に体重を感じて、できる限り前に振り抜く、という意識、感覚で行こうと決めたことです。矢張り、左にボールが飛ぶことはありましたが大きくはぶれずグリーン左で収まったことだと思います。

 私はくたくたになるまで練習はしません。確か、随分前にゴルフの自転車に乗れるようになったと書いた記憶がありますが、当時は、殆どといっても4、5回連続して100を切れるようになったからです。それで、いつもは感覚の確認程度で済ませます。

 体力増強であれば必要な筋力トレーニングの方法を調べてジムに通う方が合理的ではないでしょうか。我々はプロではありませんからどうでも良いのでしょうが、だが、昨日も風呂場で、「楽しくやったらいいのだよ」、の五重奏がありました。これもなんだか情けない気がします。

 何回も書いていますが、私の場合は、上に書いた右足体重から、「下での左への捻り戻しが先行してのスイング」、が理想ですが、このスイングの、ゴルフ自転車での操縦方法はどうやら脳の運動野の回路で完成はしていないのです。時々、スイングがフニャフニャした感じになってクラブが振れない感じになってしまうこともあります。

 それで、右足体重だけで下の左の捻り戻しは、もういいや、と昨日は止めたのです。まだ、まだ、これからゴルフ自転車の本格運転を練習する必要はあるのです。

 ゴルフは「月例」で、山の原ゴルフクラブ恋里コースでした。こちらは短く、スコアの出る方の月例でした。山の原ゴルフクラブでは鶴やオープンが行なわれる山の原コースと交互に行なわれます。内容はインスタートで48、アウトが50の98で収まったのです。ハンデ31ですからネットで67となります。これだと10位を下回るところに入れます。ちなみに、参加者は、普通、90名足らずとなります。
 
 今、気付きましたが、どうしたことか66と申告していることに気付きましたが、恐らく、エクセルで一覧表を作っている筈ですからクラブの方も気付かずセーフで通ると思います。本来であれば、確認者ともども失格になるはずです。しばしばこのようなことがあるのですが脳味噌までもが疲れているのでしょうか。

 そうではなくて私の性格がいい加減なのであろう。友人は63と言っていましたので、3位に入る可能性はあります。失格はないと思いますが心配になってきました。

 ゴルフの内容ですが、具体的には、矢張り飛ばずに最後に2打したのは2回だけ、OBは2回、パーが3回もありました最近でのゴルフではパーなどは及びもつかない惨憺たる有様でした。

 特筆すべことがありました。アウト6番で茶店後ですが、コースはグリーン(CD級はグリーン)291でコースはほぼ真っ直ぐで幅は狭く左は落ち込んでおり、右は隣コースと松ノ木で隔てられており、コース中央左にはバンカーがあります。私の一打は松ノ木の中で前方に3本の松の木があって直線ではグリーン左の外で、確か、バンカーがあり飛びすぎれば落ち込んでOBとなります。

 そこで、スライスさせようと思い、3番、私の3番は友人から貰ったミズノで高く上がりません、それで、スタンスを開いてボールはやや右に置きフェースも開きグリーン左を狙ったところ見事2オンを決められました。大まぐれでした。どうせ無理だと諦めずにやってみるものだとの教訓を得ました。

 28日に同じところでありますが、記事が書ければ良いのですが。

 (この項おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック