あゝとに熱く!歴史認識、韓国大統領朴さんについて(考察シリーズ)

 歴史認識、韓国大統領朴さんについて(考察シリーズ)

 朴大統領閣下は渡米し、オバマとの会談、議会での演説等で盛んに安倍総理の「普通、当たり前」の発言を捕らえて日本の右傾化、自国への被害妄想的、被虐的「侵略事実(今で言う援助など)」について謝罪しろ等とのキャンペーンを展開している。

 櫻井よしこ女史は、彼女は歴史を勉強するべきだ、と語っていたが正にその通りだと思う。

 彼女は美形ではないがほんわかした顔立ちで人格としても立派な、そして聡明な印象も受けるが、果たしてどうなのであろうか。

 日本の年代でいくが、明治から昭和にかけての自国、李朝?と中国、清朝と日本との歴史を認識(自らが、己こそ)すれば、日本を責め立てることになんの根拠もないことは、小学生でも解るこではないだろうか。

 清朝は阿片戦争などで西欧から侵食されてはいたが、現在の共産中国と同様に近隣黄色人種等、当然、朝鮮、日本などには、実に、尊大であった。

 そのような歴史概況のなかにあって、日本はちゃく、ちゃく準備を整え、黄海会戦などで清朝、現共産中国を撃退した。ところが、次は、朝鮮や日本への南下が国是のロシアが相手であった。面倒臭いから以下省略。この間、「パクお姉ちゃん」のお国ははなにをしていたのでしょうか。

 大分、省略しましたがこれが朝鮮と日本の正しい「歴史認識」なのである。櫻井よしこ女史が語るように少し勉強すればすぐ解ることである。

 だが、ひょとすると、彼女には、父親の元部下などの忠実な黒子が居て、いやいや踊らされているだけかも知れないのだ。学者でもなく単なる市井人の不詳、今唐加太朗は、フエミニストでもあるので、そう思いたいのだ。

 パク大統領、今後は歴史認識などと言わないようによろしくお願いします。また、失礼致しました。

(この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック