あゝとに熱く!栄光のレインボー会の川柳駄作集(日記シリーズ、レインボー会の例会)

 栄光のレインボー会の川柳駄作集(日記シリーズ、レインボー会の例会)

 昨日(4月25日)、栄光のレインボー会の例会でした。雨は無く緑には少し早いのですが、日も照って最高の例会でした。色々、読者各位にお伝えしたいこともあるのですが、ここでは川柳だけを紹介しておきます。

 公園の桜は、散ったのですが、次は見事な五月(さつき)が咲き乱れますし、そして、燃え立つような緑の下で、5月も公園で川柳をやろうということになりました。

 なお、この川柳の記録の担当は京都の人、愛すべき公家さんで、視力が衰えている立っちゃんであります。川柳は、一度、記事に書いていますが、一作について100円出して最優秀作が参加者の賞金を貰います。

 平成二十四年九月十一日、摂津の国西成郡池田郷の王将にて、句題は太鼓です。最優秀賞作、「楽屋裏太鼓の音に腰を振る。(エロ爺)」、 これは、エロ爺が余りにも優秀作というか、賞金を獲得していなかったため会員諸氏が気を使ってくれたのである。勿論、エロ爺とは学者でもなく文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗のことであります。

 平成二十四年十月二十六日、摂津の国西成郡池田郷五月丘公園にて、句題は神です。優賞作、「神の加護求める前に努力せよ(ピカ)」、作者は見事に禿げ上がっているのでピカなのです。

 平成二十五年三月二十七日、摂津の国西成郡蛍ヶ池郷太平洋にて、句題は決めるでした。最優秀作は、「いくべきと決めても行けないラブホテル(エロ)」、です。勿論、不肖今唐の作で文句なしの受賞でした。

 さて今月は、酔っ払ってしまい誰が優秀作であるか、覚えておりませんので紹介は出来ません。次ぎにします。場所は5月も摂津の国西成郡五月ヶ丘公園と決まりました。

 また、突然、例会は原則として、月の二週の月曜日を原則として、第二(予備日)は四週の月曜日に決まりました。

 当日、晴れていて、川柳に興味があり、のん兵衛で1、2千円程度の飲み代を負担し一作に100円を出す度量のある方は声を掛けて下さい、歓迎します。雨の予報が確実な場合は4週の月曜日となります。

 なお、句題は参加直前となりますが、そのてんご容赦下さい。よろしく。

 尚、場所は動物園の上の正面から橋渡った広場です。

 (この項おわり)

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック