あゝとに熱く!卒業式に歌う唄その2(文学、ポエムシリーズ)

 卒業式に歌う唄その2(文学、ポエムシリーズ)

何も戦争をしようと云うのではない。

人は生まれ、育ち、集い、学び
必然に、別れのときが来る
この別れを、大事に
永久(とわ)の真理へと旅たつ

何も戦争をしようと云うのではない。

人は、父母が居て、生まれ来て
家庭があって、郷土があって
今、人はここにある、さあ、今こそ
永久(とわ)の真理へと旅たつ

何も戦争をしようと云うのではない

この日(ひ)の本(もと)の国をいつくしみ
大海原の外の国とも親しみ
さあ、今日を最後に、友ともわかれ
永久(とわ)の真理へと旅たつ

蛍の光 / 小学唱歌
.http://www.youtube.com/watch?v=EuRqDNonLIY&feature=player_detailpage
mutsuki1451g·104 本の動画(有難う御座います)
チャンネル登録 182 
公開日: 2012/12/03
○ 作詞 稲垣千頴 原曲 スコットランド民謡 「オールド・ラング・サイン」
作詞時の曲名は『螢』、のちに『螢の光』となった。
1881年(明治14年)に尋常小学校の唱歌として小學唱歌集初編に載せられた。
以下の歌詞は、小学唱歌集初編(1881年(明治14年)11月24日付)に掲載され­た時のものである。

○ 歌詞の冒頭「蛍の光 窓の雪」とは、「蛍雪の功」と言われる、一途に学問に励む事を褒め称える中国の故事が­由来である。

4番の歌詞は、領土拡張等により文部省の手によって何度か改変されている。

(明治初期の案)
千島の奥も 沖縄も 八洲の外の 守りなり
(千島樺太交換条約・琉球処分による領土確定を受けて)
千島の奥も 沖縄も 八洲の内の 守りなり
(日清戦争による台湾割譲)
千島の奥も 台湾も 八洲の内の 守りなり
(日露戦争後)
台湾の果ても 樺太も 八洲の内の 守りなり

 (おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック