あゝとに熱く!異郷の地(文学、ポエムシリーズ)

 異郷の地(文学、ポエムシリーズ)

何時(いつ)しか住み着いた。
でも、ときどき一人になる。
そんな時、悲しいよ。
でも、
異郷での優しい人、どこにでも居る人。
でも、何故か、寂しいよ。
そして、そこには、
丘と海と港と町もある。
ヤッパリ、コーヒー店も、ある。

でも、時には、
はるか遠くにだが、空虚な空もある。

少年 浅川マキ tomoshibinomachi· 2 本の動画
チャンネル登録15
http://www.youtube.com/watch?v=2VjIM7LdgKg&feature=player_detailpage
~~~~~~~~~~~~~~
○ MAKI II - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/MAKI_II - キャッシュ
日本語詩:浅川マキ/作曲:Henry Troy - Fletcher H. Henderson/編曲:山木幸三郎他 ...。
~~~~~~~~~~~~~~~~
アップロード日: 2012/02/06 (ありがとうございます)
最高に大好きな曲。
でもブラックにグッドラックのバージョンを良く聴く。
~~~~~~~~~~~~~
『joushuusokonashi』でアップしていましたが、自分のミスにより
アカウントが全て削除されてしまいました。
これまで、視聴、コメント、評価、
チャンネル登録してくださった方々、
本当に申し訳ないです。
(ありがとうございます)

標準の YouTube ライセンス
~~~~~~~~~~~~~~
この唄へのコメント

○ raio0529 1 週間前
大好きな曲です。この動画が大きな後押しになりました。感謝。

○ rockbottomer 2 週間前
昨日が命日か~マキさん(今唐)

○ vi11y1ubin 6 か月前
たまらんわ。これほどたまらん唄はないなー。

○ HetanaTeppo 6 か月前
夕暮れの風がほほをなでる いつもの店に行くのさ
仲のよい友達も少しはできて そう 捨てたもんじゃない
さして大きな出来事もなく あの人はいつだって優しいよ
どこで暮らしても同じだろうと 私は思っているのさ
なのに、どうしてか、知らない こんなに切なくなって
街で一番高い丘に駆けてく頃は 本当に泣きたいくらいだよ
真っ赤な夕日に船が出て行く 私の心に何がある

 (おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック