喧嘩小僧、橋下大阪市長お見事(2)(考察シリーズ)

喧嘩小僧、橋下大阪市長お見事(2)(考察シリーズ)

この件についての記事は2回目である。

実は今、入院中で、その前に、急遽、携帯電話でブログへの投稿方法を調べて書いているので何かと不便で、PCでさえ変換誤りなどが多いのに、不細工な記事になっていることだろうと読者にお詫びしておきます。

では、前の記事と同様のスタイルでいきます。

第一、昭和の偉大な噺家の「三平師匠」の愛嬢、泰葉さんのキヤッチコピーをもじったが「金髪でない馬鹿な豚野郎のメディア」は、相変わらず皮相的である。

代表として、NHKを書いておこう。亊案をよく解っていない、東京大学村上教授のコメントと在校(引退)の元主将達の発言を平気でながしている。

市長に代わって反論しておくが、彼は体育科と体育科学科を潰すとは一言も言っていないし、何よりも物事にはけじめが必要なのである。

第二、教育長もご立派である。「でっちさん」から「ぼん」に脱皮した、と不詳、今唐は思います。意味の解らない読者は前の記事をお読み下さい。

市長も評価していたではないか。喧嘩、言いたい放題小僧の彼から褒めれても、なんぼのもんじゃ、とお叱りを受けそうだが。

要は、彼を引き続き支えてやって欲しいのです。

不詳、今唐が山梨から大阪に出て来たときは、大阪が日本で一番元気があり給料も一番でした。

ところが今では東京に及びもつきません。

その理由はともかく、小僧が明確に意識しているのかどうか不明ですが、大阪の復権は、イノベーションは「都構想」しかありません。

そして、これは記事にしましたが、チヤンコロに馬鹿にされない為の日本の復活は、イノベーションは、「排県置州」、しかないが、不詳、今唐の最近の結論なのです。

さて、桜宮高校の問題は、余談が長くなりました。前の記事をご覧下さい。

最後になりますが、自殺された生徒さんと家族に限りない哀悼の意を捧げます。また、不遜になるかも知れませんが、男としての無念と潔(いさぎよい)けじめの取り方に無限の敬意も捧げます。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック