あゝとに熱く!内芝元監督くたばれ(考察シリーズ)

 内芝元監督くたばれ(考察シリーズ)

 看護福祉大柔道監督にして、北京、アテネオリンピック金メダリスト内芝氏が強姦犯人として起訴されているが真っ向否認している。公判で、「死にたい」、とも思った、と供述した。

 奥さんやお子さんには大変、申し訳ないが、くたばれとはその意味である。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の推測だが、奥さんやお子さんも、ひよっとすると、そう願っているかも知れないのだ。

 柔道三段、剣道二段で巷の武道家でもある不肖、今唐は、多分、どれかの記事で内芝氏について批判する記事を書いた。それは、北京のリッピク?の時だったと思うが、彼が、「ポイント稼ぎで勝ちに行く」、と語り、日本柔道の姿ではない、情けない、と思ったからだ。

 ちなみに、金メダリスト石井氏についても批判する記事を書いた。彼の言動が武道家として相応しくなく、これも情けない、と思ったからだ。彼が柔道指導者から外れたことを祝うとも書いた。

 今、日本の柔道の凋落が著しい、柔道の先生方はよくよく反省して頂きたい。柔道はただ単に強くあるだけではなく、人格についても育てることを怠ってはならないのだ。柔道のあるべき姿の基本から立て直して欲しいとも思う。

 日本柔道は、柔道の王道に沿った、正々堂々と戦うものにして欲しいのである。また、際限の無い組み手争いも何とかしてして「欲しいのである。

 そして、判決は出ていないが、当夜、彼は三人の女性と交わっているのである。しかも、酒を飲んだ被害者?の女性は19歳である。指導者として常軌を逸している。不肖、今唐は、まるで牢名主のように座り込んで片肘付いている姿がTVで流されたが、今の先生方はあのようにして指導しているのであろうか。そうではないと思っているのだが。

 柔道家の風下にさえ置けない男である。柔道家としての恥を知ってさっさとクタバルべきだ。


<ウイキペディァ、内芝正人>
○ 内柴 正人(うちしば まさと、男性、1978年6月17日 - )は、日本の柔道家(五段)。学位は学士(体育学)(国士舘大学・2001年)。元九州看護福祉大学客員教授。熊本県合志市出身、同県玉名市在住。9歳で柔道を始める。そのきっかけは「兄にケンカで勝つため」だった。得意技は巴投。尊敬する選手は野村忠宏。身長160cm、体重66kg。血液型はB型。

○ 国士舘高等学校を経て国士舘大学卒業後、旭化成に入社した。2004年に開催されたアテネオリンピックや、2008年に開催された北京オリンピックでは、それぞれ柔道男子66kg級にて金メダルを獲得した。その後、競技生活も晩年に差し掛かる2009年より、指導者も務めるようになった。旭化成を2010年末に退社後、九州看護福祉大学にて客員教授に就任し、2011年1月から11月29日まで同職を務めた。

<ウイキペディァ、石井慧>
○ 石井 慧(いしい さとし、男性、1986年12月19日 - )は、日本の総合格闘家、元柔道家(五段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。大阪府茨木市出身。紫綬褒章受章。血液型はO型。出身道場は修道館(大阪府)。ブラック・ハウス/レインMMA所属。

○ 日本の総合格闘家、元柔道家(五段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。大阪府茨木市出身。紫綬褒章受章。血液型はO型。出身道場は修道館(大阪府)。ブラック・ハウス/レインMMA所属。

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック