石原新党と立ち上がれ日本、日本維新の会の「聯合」はなる(2)(考察シリーズ)

石原新党と立ち上がれ日本、日本維新の会の「聯合」はなる(2)(考察シリーズ)
  2012/11/04(日) 19:55
  
注:ウエブリブログがアウトになったため、その期間中、不肖、今唐が会員である栄光のレインボー会に搭載した記事である。ウエブリブログよ、IT業界の矜持を保つようにネ、まるで、金儲けが第一のソフトバンクのようではないか。

 今日は日曜日、先ず、MBS4チャンネル(大阪)の時事放談を見た。自民党の森元総理が出ており、石原さんと「立ち上げれ日本の党」について下のようなことを語っていた。

 党の名前は彼が付けたのである。最後になって、放っておけなくなったのであろう、旨である。

 それと、TV視聴の時系列では最後になるのだが、大阪の読売テレビ10、「たかじんのそこまで云って委員会」に出ている勝谷 誠彦(かつや まさひこ、1960年〈昭和35年〉12月6日 - )氏が(お笑いの吉本とマネージメント契約、ウイキペディァ)石原さんに大変失礼なのに、知事辞職の会見は情けなかった、具体的な問題になるとしどろもどろであった、旨語っていた。

 彼も若いのであろう、未だ世の中、あるいは政治評論家を気取っているようであるが、未だ、本当のところが解っていないのである。

 石原氏は、「大連合を作ろう、とい云っている、些事はどうでもいいではないか、と云っている。政治は総合力、総合的思考力が必要である」、旨も言っている。

 党首にはならず、そんなものはどうでもいい、とも云っている。つまり、「官僚統治をぶち壊す」などと言ってもいるが、要は、今のこのとき、「日本をリセット」したい、と云っているのである。

 実は、失礼であろう、などと勝谷氏を批判することを、今、書いたが、TVの視聴では次ぎになるが、石原さんは関西テレビ8(大阪)の新報道2001に出ていたのだが、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」も、この番組ではそのような印象を受けた。

 だが、後から、上に書いたようなことに気が付いたのである。そして、番組の終わった後では、森元総理の言葉と併せて、彼の本音は、「今のこのときに、「日本を嵩上げ」しようとの強い想いであろう」、とも気が付いたのである。

 彼は些事はどうでも良いのである。「日本の嵩上げ」に些事はどうでも良いのである。

 今の政治を、総合力、総合的思考力、で判断し、強い日本を取り戻したら良いのである。

 さて、ここから本題だが、石原新党と日本維新の会と聯合はなるのであろう。言いたい放題小僧が臍を曲げたのは、立ち上がれの藤井さんの不用意な一言である。立ち上がれと維新との聯合は、「双頭でいく」、との言葉だ。大阪のTVはきちっと流してくれているのである。そして、不用意にぺらぺら喋るようなところとは一緒にやれない、旨語ったのである。

 昨日の京都の会議では公式には、双方とも、話し合う、だが、連合はするのであろう、と不肖、今唐は考える。誰かが電話番号も交換したそうだ。橋下市長は、選挙応援のことでみんなの党とのからみだろうが、東京には行けない、とも云ったようなのである。

 不肖、今唐は、日本をリセットし、「日本の嵩上げ」をするための「選挙のための大連合」であって良いと思う。そして、不肖、今唐
は是非とも「大聯合」をして欲しいのだ。

 下に、前に書いた記事を示します。不肖、今唐は「福島の過酷事故」に伴い、元知事については、二つほど右翼を気取っているが右翼ではない、と批判する記事を書いている。不肖、今唐は公平な真実だけを書く、是々非々のブロガーなのである。

<ご参考>

石原新党と立ち上がれ日本、日本維新の会の「聯合」はなる(考察シリーズ)
2012/10/28(日) 16:13
http://blog.zaq.ne.jp/hichitan/article/1328/

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック