あゝとに熱く!やっぱり腑抜の野田総理であった(考察シリーズ)

 やっぱり腑抜の泥鰌鍋野田総理であった(考察シリーズ)

 今、NHKの総理解散会見を観ているが、いつの間に、原発を2030年代にゼロとすることを、内閣は決めたのだ。

 腑抜けの野田泥鰌(どじょう)総理は、勝手に、日本国の弱点であるエネルギーについて、原発を外してしまったが、それでよいのだろうか。

 原発については、「政策資源(馬鹿みたいな言葉で良く判らないが)」を総動員して、原発は、『2030年代を目途にしてゼロにする』」、では無かったのか。

 今、さっきの発言では、そのような含みは全く無く、「ゼロにする」、と語ったのだ。

 日本国の未来を、たかが腑抜の泥鰌鍋(どじょうなべ)総理が勝手に決めることは出来ないことであるし、許されることではない。

 もし、このままであるとするならば、今度の選挙で、早速、クタバルべきである。

 集っている報道陣の誰一人して指摘する者はいなかった。やはり、昭和の噺家林家三平師匠の愛嬢泰葉さんの語った金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイアなのだ。日本国は大丈夫なのであろうか。

 (この項おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック