あゝとに熱く!日本の繊細さへの賛歌とエレジー(文学、ポエムシリーズ)

 日本の繊細さへの賛歌とエレジー(文学、ポエムシリーズ)

男の「ままよ、とて」は、なんになる。
ただ、ただ、誠を尽くせば救われる。
愛は、愛そのもので美しい。
昔は、華族や公爵や子爵の世の中で、
哀しい、男と女の物語。

男の「ままよ、とて」は、なんになる。
唯一、決死の覚悟で身を捨てる。
幸子のためにも、決起する。
誰でも踊れる舞踏会、いつかは二人で踊ろうよ、
哀しい、男と女の物語。

男の「ままよ、とて」は、なんになる。
遠き異国の満州で我が同胞(はらから)も、
散兵線で、38歩兵銃を握り締め、
敵に向かって打てもせず、落す涙は凍てついて、
哀しい、男と女の物語。

男の「ままよ、とて」は、なんになる。
繊細に歌い上げるは日(ひ)の本(もと)の
誠の心が古(いにしえ)に続いたとの証(あかし)とて 
今は、民主の安逸の、世の中で
哀しい、男と女の物語。

<この歌へのコメント>
私は昭和4年の春(4月)の3ヶ月後、大阪で生まれた昭和人類な­のでこの歌を聞くと心にしんみりします。なぜでしょうか。
shye0029 6 か月前 2

ちあきなおみさんの義弟(おとうと)で号泣しました。そして赤色エレジーでまた涙ぼろぼろです。
junchamiho 2 か月前

"ちあきなおみさん”本物が本気で入魂の歌唱披露すれば誰の歌で­も心を鷲掴みにされます。あがた森魚の代表曲が更なる哀愁を帯び­あの時代に懐古させられます。何でも入手出来る今とは違い貧しい­昭和時代でしたが,心は今より芳醇だった気が致します。良く歌い­ました。
upされた御方に感謝します。
kohisiyo 3 か月前

赤色エレジー ちあきなおみ
http://www.youtube.com/watch?v=PQI8CNB-0Vk&feature=related
amegahajimarubasyoさんが 2011/08/11 にアップロード (ありがとう御座います)

ライセンス: 標準の YouTube ライセンス

 (おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック