あゝとに熱く!極悪人小沢氏の処分解除は止むを得ない(2)(お詫び、考察シリーズ) 

 極悪人小沢氏の処分解除は止むを得ない(2)(お詫び、考察シリーズ) 

 極悪人小沢氏の党員資格の停止処分の解除について、下の記事を書いたが、一部誤っているところがあり、また、記事の内容も少し判り難いところがありましたので、読者にお詫びして訂正しておきます。

小沢処分解除は止むを得ない(考察シリーズ)
 << 作成日時 : 2012/05/08 12:01 >>
http://39383054.at.webry.info/201205/article_9.html

○ 民主党の党員資格停止期間を60日と書きましたが、正しくは6ヶ月まで、であり、当時幹事長であった岡田副総理の決定した処分内容の期間は「無罪が判明?するまで」となっていたのである。

 従って、輿石幹事長は、既に、6ヶ月は過ぎているので、一刻も早く解除したいわけで、しかも、起訴担当弁護士さんが控訴するとは読んでおらず、消費税の引き上げと同様に日程の都合もあるのだろうが、党内手続は先にして解除・決定時期を少しずらしたのであろう。

 不肖、今唐は近くの神社に控訴してくれるようお願いしたのである。大きなことを云うようであるが、日本のためだ、とお願いしたのである。

 前の記事では極悪人小沢氏と輿石幹事長は「つうつう、小沢より」であるなどと言われているので、もともと相性が違うであろう二人が、合いあい傘に入るはずがないと書いたが、山梨県人の輿石さんも、沖縄県知事と同様に「なかなかお主やるなァ」の口である。ぶら下がりの記者の突っ込みに、口をひん曲げて平気で受け答えをするさまは、愛嬌があるのである。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、日教組は不倶戴天の敵だと思っているが、同県人でもあるし、輿石さんには好感を持ったのである。彼は、「旧社会党の村山元総理」のように、日教組の教条的な部分は枯れ枝のようにそぎ落としているかもしれないのだ。

 そして、不肖、今唐は停止期間については、確か、「6」の数字が記憶にあったので、確認もせず、こんなもんだろうと、60日としたのです。申し訳ありません。

 これは、MBSテレビのひるおび!(5月10日)に、例のマルチ商法がらみの件で野党から追求を受け、このブログにも記事を書いたが、前国家公安委員長にして、消費者及び食品安全担当大臣の山岡さんが出演しており、処分解除は早すぎるとする他のコメンテーターに、「処分期間は6ヶ月です」と答えていたのである。

 (この項終わり)

~~ 富士山を世界文化遺産に ~~ ~~ 富士山を世界文化遺産に ~~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック