あゝとに熱く!野田総理所信表明について(1)(追考、考察シリーズ)

 野田総理所信表明について(1)(追考、考察シリーズ)

 野田ペコペコ総理のこの国会における演説がコピー出来たので急いで見ていこう。○が総理、*が不肖、今唐、の区分で、急ぎの方は*だけ読んでください。だいたい解かるように書いていきます。

○一 はじめに

 第百八十回国会の開会に当たり、この国が抱える諸課題と野田内閣の基本方針について、謹んで申し上げます。

 昨年九月、野田内閣は、目の前にある課題を一つ一つ解決していくことを使命として誕生いたしました。「日本再生元年」となるべき本年、私は、何よりも、国政の重要課題を先送りしてきた「決められない政治」から脱却することを目指します。

 「与野党が信頼関係の上に立ってよく話し合い、結論を出し、国政を動かしていくことこそ、国民に対する政治の責任であると私は信じます。」

 これは、四年前、当時の福田総理がこの演壇から与野党に訴えかけられた施政方針演説の一節です。

 *これは、既にこのブログで書いた。その意味でどうでも良い。

 ○それ以降も、宿年の課題は残されたまま年々深刻さを増し、国の借金は膨らみ続けました。そして、東日本大震災によって、新たに解決を迫られる課題が重くのしかかっています。私たちは、この国難とも呼ぶべき危機に立ち向かいながら、長年にわたって先送りされてきた課題への対処を迫られています。「国民に対する政治の責任」を果たさなければなりません。

 ○野田内閣がやらなければならないことは明らかです。大震災からの復旧・復興、原発事故との戦い、日本経済の再生です。この大きな課題の設定と国として進めるべき政策の方向性について、与野党に違いはありません。

 *与野党に違いはない、というが、大筋では違いは無いであろうが、今、話題の「年金」では、自民党の石原幹事長は、今日(1月25日)のBSフジのプライムニュースに出ており、個人的との断りがあったが、「最低基礎個人年金」などの部分については賛成できないそうだ。

 *公明党の幹事長も出ていたのだが、公明党は「全容を示せ」といっていたが、既に、公明党はそれを示しているそうで、どうやら「石原個人案」と合わせて、今のままで年金は良い、つまり、民主党の「最低基礎個人年金」、つまりは「年金一本化」には反対のようである。

 *大分前に年金は「申請主義」で寅さんの言う「労働者階級」も責任を持って自分で管理するもので、民主党はそこを理解していない、と不肖、今唐はブログで書いてきたのだが、石原さんからこの言葉を聞いて懐かしく思いました。

 *今の年金機構の膨大な手作業と格差を政府が作り出していると云える、恐らく派遣・パート、つまりは臨時職員は国民がしっかりしていれば、その経費も含め不要のものなのだ。事業仕分けが出来るものなのだ。

 ○社会保障と税の一体改革も、同様です。昨年末、自公政権時代の問題提起も踏まえながら、民主党内の政治家同士による熟議の末に、政府与党としての素案をまとめました。その上で、各党各会派との協議をお願いしています。少なくとも、持続可能な社会保障制度を再構築するという大きな方向性に隔たりはないのではないでしょうか。具体的な政策論で異論があるのであれば、大いに議論しようではありませんか。

 *上の「政府与党としての素案」は閣議決定している筈だ。石原さんはこのことには触れず、前の「閣議報告」を例示して、民主党は信用ならんと言っていたが、彼はどうやら「解散に追い込みの谷垣さん」に組しているようだ。

 *自民党は、谷垣解散であれば壊滅的な打撃を受けるであろう。ぐずぐず理屈をつけず、前向きな議論が自民党復権の道であると提言しておこう。

 ○我が国の政治過程において、今、俎(そ)上に上っている諸課題は、幸いにして、世界各地の民主主義国家で顕在化しているような、深刻なイデオロギーや利害の対立をはらむものではありません。先の国会で、各党各会派が当初の主張の違いを乗り越えて、三次補正予算と関連法の合意を達成できたことが一つの証左です。私たち政治家が本気で合意を目指し、動かそうとするならば、政治は前に進んでいくのです。

 ○今、求められているのは、僅かな違いを喧(けん)伝するのではなく、国民の真の利益とこの国の未来を慮(おもんばか)る「大きな政治」です。重要な課題を先送りしない「決断する政治」です。

 ○日本が直面する課題を真正面から議論し、議論を通じて具体的な処方箋を作り上げ、実行に移していこうではありませんか。全ての国民を代表する国会議員として、今こそ、「政局」ではなく、「大局」を見据えようではありませんか。

 *それはそうであるが、なかなか、そうは行かないのが「今の政治家野郎」なのである。何故か哀しい。

 (つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック