あゝとに熱く!原発耐用年限について(考察シリーズ)

 原発耐用年限について(考察シリーズ)

 2、3日前に、確か、枝野経産相が原発の耐用は40年と言って、何で、40年で廃炉するのかと思っていたら、延長20年があって、昨日、今日と騒ぎになっている。ところが、主担は細野大臣のようで、あれっと思ってこの記事を書く気になった。

 枝野大臣、間違っていたらごめんなさい。なにしろ、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」ですので、お許し下さい。だが、不肖、今唐の秤では、貴方には、未だ、「仕分け」などで大分貸しがあります。

 貴方が喋った筈ですので、そして、名前を出しましたので、名前を出した理由を書いておきます。例によって、弁舌は爽やかですが、短絡的発言であったと。所謂、不肖、今唐の云う「口先人間」であると。

 原発の耐用年数は、世界では60年が定番であり、原発の定期点検では、少しおかしい部品などは全て新品に換えてしまうそうだ。素人也に考えると、問題は、「炉などの金属疲労の問題だけ」だ、と思う、それに、「部品は新品にからかえることの原則」を励行してもらうことだ。更に付け加えると、福島第一の人災である「ずさんな管理」を徹底的に検証し、他の原発で、この人災を生かして頂きたいと思う。

 そして、早速、「無責任な首長」は言いたい放題である、不肖、今唐は、腹が立ってくる。また、滋賀の市民派の女性の知事さんは、「40年も60年も一切、説明が無く、市民を不安にさせる」旨のコメントを出していたが、そうであるならば、細野大臣に、それなりの根拠を聞いて県民に説明するのが知事の役割であろうう。

 部外者面をして、このような無責任な発言をする知事こそ市民を不安に貶めることを銘記せよ。

 また、東電は、企業向けの電気料金を10%超、電気使用量に応じて料金は違うようであるが、値上げするというではないか、首長などが、ぐずぐず言って再稼動させないからだ。

 先ほど、経産省の何かの原発からみの会議に「市民」が押しかけて、「傍聴させろ」と騒ぎ、一部の委員が引き上げたそうだ。前の会議で騒いだので、別室で傍聴出来るにしていたそうだが、直に、聞いていたい、のだそうだ。大分手間取ったが、会議はやっているそうだ。

 6チャンネルのABC報道ステーションがニュースで流したのである。プロレス中継をやっていたアナウサー上がりの古舘さんが、何か喋べるかと手ぐすねしていたが何も喋らなかった。

 押しかけたのは「市民」ではなく、職業的反核団体か左翼政党なのである。その証拠は、ちゃんとプリントしたアピールのプラカードなどを何枚も持っていたからだ、普通の市民がこのようなものを持つ筈がないのである。

 これは、参考ですが、東芝社長が1月27日の産経紙で語っている。日本は、ベトナムからは既に原発2基を受注済みだそうである。期待できるのは中国で、既に2基を受注、アメリカからは4基を契約しており、フィンランド、英国、チェコでも有望だそうである。

 日本の原発は諸外国からは評価されているのである。日本人の教条的反核団体や政党、それに、無責任なポピュリストの政治家よ、もって瞑せよ。

 (この項終わり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック