あゝとに熱く!教育現場の改革が始まった(大阪府教育基本条例案の真実)(3)(関西限定シリーズ)

 教育現場の改革が始まった(大阪府教育基本条例案の真実)(3)(関西限定シリーズ)

 下のブログで、次のように書いた。<ここは、ご承知の方は読まなくて結構です>

 「長くなってしまったので結論だけを書くが、不肖、今唐は、どだい、学問の自由は尊重するが、教育、特に「基礎教育の自由や中立」などはありよう筈がないのである、と考えている。ひたすら、必要な正しい知識を「詰めこむ」だけでよいのである。

 このことに名を借りた「日教組」「全教」の勝手な偏向した教育は許されるものではなく、これらの左翼的「組織」と教育委員会の解体が不肖今唐の持論なのである。おって、条例案については考察します。」

 *教育現場の改革が始まった(大阪府教育基本条例案の真実)(1)(関西限定シリーズ)
  << 作成日時 : 2011/10/08 17:54 >>
  http://39383054.at.webry.info/201110/article_8.html

 ところが、条例案は膨大であるし、上のテーマに関連するようなところだけを抜き出して考察しますのでよろしく。○が条例案、*が「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の考察です。 なお、条例案の全文は記事の末尾に示します。

○第2章 各教育関係者の役割分担
(基本指針)
第5条  府における教育行政は、教育委員会の独立性という名目のもと、政治が教育行政から過度に遠ざけられることのないよう、選挙を通じて民意を代表する議会及び知事と、府教育委員会及び同委員会の管理下におかれる学校組織(学校の教職員を含む)が、地方教育行政法第25条に基づき、適切に役割分担を果たさなければならない。

 *上の「教育委員会の独立性という名目のもと、政治が教育行政から過度に遠ざけられることのないよう、」は、教育の政治的偏向の排除と言う意味では非常に重要である。但し、「政治が」という言葉に引っかかるのである。つまり「日教組」も「全教」の活動も政治であるからだ。だが、書きようがないか。

 *乱暴な書き方をしたが、要は、「正しい事柄を教えることだけに特化させた教育」との概念をどう規定するかの問題だが。(1)で紹介した批判、反対の「言い方」にも通じるのだが。そうなれば、条例案の全文改正が必要なのであろうが。

○5  府及び府教育委員会は、府内の市町村及び市町村教育委員会に対し、地方教育行政法第55条の2第2項に基づき、小中学校教育の体制が本条例の趣旨を反映したものとなるよう、必要な助言、情報の提供その他の援助を行う。

*上の「必要な助言、情報の提供その他の援助を行う。」であるから、ここまでに示した内容であれば、大いに、「必要な助言、情報の提供その他の援助」をして頂くことに何の異存もない。調べないが、地方教育行政法第55条の2第2項はそのものずばりの規定なのであろう。

○(府教育委員会)
第7条 府教育委員会は、前条第2項において知事が設定した目標を実現するため、具体的な教育内容を盛り込んだ指針を作成し、校長に提示する。

 *「知事が設定した目標」がわかりにくい、「具体的な教育理念による目標」の意か。

○2 府教育委員会は、常に情報公開に努めるものとし、府内の小中学校における学力調査テストの結果について、市町村別及び学校別の結果をホームページ等で公開するとともに、府独自の学力テストを実施し、市町村別及び学校別の結果をホームページ等で公開しなければならない。

 *テーマを外れるが、大きな話題になったので触れる。未だ、そこまで行っていないが、「府下一区」であるし、差別化に繋がるというが、世の中では、当たり前である。また、高校が序列化しても構わない。切磋琢磨で最低ランクの学校は、教職員生徒が一体となり、一つでもランクを上げれば良いのだ。

 *現在でも序列化しており公言しないだけでなのである。

 (つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 出会い系メール

    Excerpt: 優良出会いサイトを徹底比較!無料で出会いができる出会い系サイトランキングです。出会えるサイトの秘密とは! Weblog: 無料出会い比較ランキング racked: 2011-10-25 14:44