あゝとに熱く!教育現場の改革が始まった(大阪府教育基本条例案の真実)(2)(関西限定シリーズ)

 教育現場の改革が始まった(大阪府教育基本条例案の真実)(2)(関西限定シリーズ)

 下のブログで、次のように書いた。

 「長くなってしまったので結論だけを書くが、不肖、今唐は、どだい、学問の自由は尊重するが、教育、特に「基礎教育の自由や中立」などはありよう筈がないのである、と考えている。ひたすら、必要な正しい知識を「詰めこむ」だけでよいのである。

 このことに名を借りた「日教組」「全教」の勝手な偏向した教育は許されるものではなく、これらの左翼的「組織」と教育委員会の解体が不肖今唐の持論なのである。おって、条例案については考察します。」

 *教育現場の改革が始まった(大阪府教育基本条例案の真実)(1)(関西限定シリーズ)
  << 作成日時 : 2011/10/08 17:54 >>
  http://39383054.at.webry.info/201110/article_8.html

 ところが、条例案は膨大であるし、上のテーマに関連するようなところだけを抜き出して考察しますのでよろしく。○が条例案、*が「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の考察です。 なお、条例案の全文は記事の末尾に示します。

○前文(抜粋) 
 教育に民意が十分に反映されてこなかった結果生じた不均衡な役割分担を改善し、政治が適切に教育行政における役割を果たし、民の力が確実に教育行政に及ばなければならない。
 
 *基礎教育は「正しい知識を何の偏見もなく児童等に教えること」であり、従って、政治とか民意などと強調する事には異議がある。

○教育の政治的中立性や教育委員会の独立性という概念は、従来、教育行政に政治は一切関与できないかのように認識され、その結果、教員組織と教育行政は聖域扱いされがちであった。しかし、教育の政治的中立性とは、本来、教育基本法第14 条に規定されているとおり、「特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育」などを行ってはならないとの趣旨であって、
 
 *基礎教育(高校教育を無償にするのであれば、そこまで)にあっては、「政治的中立性や教育委員会の独立性という概念」などは不要である。後段の最後の部分が今の教育の問題点なのだ。同意である。

 *前文の以下、地方教育行政の組織及び運営に関する法律等では、云々、については、条例案では否定は出来ないのであろうが、お飾りの教育委員会などはいらないのである。実質は、大阪府の教育長以下の職員が委員会を動かしているのであろう。調べないが、委員は非常勤であって、必要なとき、顔を出すだけなのであろう。

○第1章 目的及び基本理念
(基本理念)
第2条 府における教育行政は、教育基本法第2条に掲げる目標のほか、次の各号に掲げる具体的な教育理念に従ったものでなければならない。
  (1) 個人の自由とともに規範意識を重んじる人材を育てること
  (2) 個人の権利とともに義務を重んじる人材を育てること
  (3) 他人への依存や責任転嫁をせず、互いに競い合い自己の判断と責任で道を切り開く人材を育てること
  (4) 不正を許さず、弱者を助ける勇気と思いやりを持ち、自らが社会から受けた恩恵を社会に還元できる人材を    育てること
  (5) 我が国及び郷土の伝統と文化を深く理解し、愛国心及び郷土愛に溢れるとともに、他国を尊重し、国際社     会の平和と発展に寄与する人材を育てること
  (6) グローバル化が進む中、常に世界の動向を注視しつつ、激化する国際競争に迅速的確に対応できる、世    界標準で競争力の高い人材を育てること
 
 *結構な基本理念である。おおいにやってもらおうではないか。

 (つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック