あゝとに熱く!野田総理所信表明演説(10)(考察シリーズ)

 野田総理所信表明演説(10)(考察シリーズ)
 
<次はご承知いただいている読者は読まなくて結構です。>
 
 <平成23年9月13日に行なわれた野田総理の所信表明の、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の考察は下の通りである。>
 
 <不肖、今唐が、ながながしい一人称を使っている理由は、書いている通りのことで、政治家、ジャーナリスト、学者などの専門家が参考にして頂き、考察の内容がとんでもないものであれば、普通の日本人に対し、より一層の啓蒙に勤めて頂きたいとの意図もあります。>
 
 <始めに所信表明を示し、その後に< >で区切って不肖、今唐の考察を示します。所信表明は、MSN産経ニュース
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110913/plc11091315150035-n1.htm
 を使わせて頂きました >

政治・行政の信頼回復

 国民の皆様の政治・行政への信頼なくして、国は成り立ちません。行政改革と政治改革の具体的な成果を出すことを通じて、信頼の回復に努めます。既に、終戦直後の昭和21年、「国民の信頼を高めるため、行政の運営を徹底的に刷新する」旨の閣議決定がありました。60年以上を経たにもかかわらず、行政刷新は道半ばです。行政に含まれる無駄や非効率を根絶し、真に必要な行政機能の強化に取り組む。こうした行政刷新は、不断に継続・強化しなければなりません。政権交代後に取り組んできた「仕分け」の手法を深化させ、政府・与党が一体となって「国民の生活が第一」の原点に立ち返り、既得権と戦い、あらゆる行政分野の改革に取り組みます。

 <行政と政治の信頼などは、永久に確保することは出来ません。メディアが完全無欠で無い限り、信頼の確立は不可能です。寅さんの云う「労働者階級」はメデイアを通じてのみ、政治と行政の活動を知ることが出来ます。特に、政治はそうです。昭和の噺家林家三平師匠の愛嬢泰葉さんのキャッチコピーをもじりましたが、金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイアの特に放送メデイアは酷いものです。>

 <キャスターとかコメンテーターとか、あるいは取材チームやディレクターの奮起を望みます。殆ど娯楽番組は見ず、ニュースものの番組はほとんどチェックしている、不肖、今唐はその不見識にはうんざりしておます。特に、お願いしたいことは、判らないことは判らない、とおっしゃって下さい。影響が大きく、そうしないと寅さんの云う「労働者階級」をミスリードするのです。>

 <民主党政権にお願いですが、「仕分け」については、相変わらずやるようですが。仕分けは、基本的にはにわか仕立ての素人が仕分けると言う、基本的な弱点があります。公開してアピールするのであれば、「人格を備えた若手の最精鋭」を仕分け人に仕立てて下さい>

 <その理由ですが、人間は育った環境や備えた教養により人格を持ちます。従って、良い人格、好人物との条件を備えていないと仕分けそのものが正当であっても適正な評価を得ることが出来ません。もっと具体的に言うと、「論争術」を駆使するような人物は駄目です>

 <確か、「管派」でBSフジのプライムニュースにで出ていた津村議員?一度、ブログに書きましたが、彼は見事でした。番組のキャスターやコメンテーターに攻め立てられながらも、額に脂汗を浮かべながらも矜持を失わず、適切に説明をしておりました。彼のような人物が他にもいる筈です。>

 真に国民の奉仕者として能力を発揮し、効率的で質の高い行政サービスを実現できるよう、国家公務員制度改革関連法案の早期成立を図り、国家公務員の人件費削減と併せて、公務員制度改革の具体化を進めます。

 <人事院制度をどうするか、ひいては労働基本権をどうするかの問題があります。簡単に改革、改革と言いますが、よくよく検討する必要があります。待遇を落すことは採用する人材の質を落してしまうことにつながることを指摘しておきます。地方公務員は正規職員をへらし、パートや臨時職員が増加を続けており、格差社会の加速に行政が加担しているという実情もあります>

 政治改革で最優先すべき課題は、憲法違反の状態となっている一票の格差の是正です。議員定数の問題を含めた選挙制度の在り方について、与野党で真剣な議論が行われることを期待します。

 <既に、歳費などについては前に書きましたが、本日(9月18日)のNHKの日曜討論では、同志社の浜教授が、「政治家は、国難で財政危機のこのときは、ボランテイアで仕事をするぐらいの気概を持て」と語っていたが、不肖、今唐は大賛成である。なお、選良たる代議士は、それ相応の報酬、歳費を受けることを否定はしない立場です。>

 (つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年09月19日 10:27
復興増税巡り与野党が議論―【私の論評】日本の政治家はなぜかくも、経済に関してピント外れなのか?!!これじゃ、家計のことしか考えない主婦並では?

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/dR7vq
こんには。NHKの日曜討論という番組で、復興増税を巡り与野党が議論をしていました。この番組を見ていて、日本の政治家は、私たち人類が何のために、金融経済を設立したのか、こういう金融経済も含めて、何のために、マクロ経済というものの見方を発展させてきたのか、本当の意味では全く理解できていないと感じました。これは、増税反対派の意見を聴いていても同じように感じました。愚かとしか言いようがありません。本当に困ったものです。というより、情けないです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

この記事へのトラックバック