あゝとに熱く!独裁者、管総理が辞めるといった理由(考察シリーズ)

 独裁者、管総理が辞めるといった理由(考察シリーズ)

 何故、ここで、急に、独裁者管総理が辞めると言い出したのだろうか、と考えていた。今、参議院予算委員会で自民党のあの名物の、西田参議院議員が独裁者管総理に質問している。

 それに、今日の産経紙(8月11日)に我が愛する櫻井よしこ氏が、例の「政権交代を目指す市民の会」、同一と目される「市民の党」の政治資金について書いていた。

 「市民の党」などについては、下の記事をご参照下さい。櫻井よしこ氏の記事は産経紙をご覧下さい。

 管総理の政治資金疑惑について(警告、考察シリーズ)
 << 作成日時 : 2011/07/13 21:00 >>
  http://39383054.at.webry.info/201107/article_11.html

 それで、なるほど、と解かったのである。これは、あくまでも「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の独断であるが、上に書いた違法献金の問題が引き金だ、と考えたのである。

 つまり、西田議員は管総理に「取調べを受けたか」と聞いたのである。管総理は、いつもの通り曖昧模糊、「弁護士に云々」との答弁であったのだが。

 ひょっとしたら、この件で理不尽に、総理の座に頑張りすぎれば「やられる」と考えたのではなかろうか、と言うことなのだ。

  ところで、余談になるが、故、田英夫氏はあくまでもクリーンな報道人、キャスターなどと認識していたが随分クリーンすぎるところがあるのだと最近の報道で知った。もっとも、政治についてブログで記事を書くようになったのは、今日で、3年2ヶ月であるからお許しはいただけると思うが、余談に走った理由ですが、西田氏の質問にも出てきたので触れました。

 田氏も、どうやら、上の疑惑にかかわっていたようなのである。

 本論に戻りますが、極悪人小沢氏の例もあるので、返って頑張るのではないか、との懸念が過ぎるのですが、彼は「しぶとい土着の子」、管総理は「もともと、草食系元祖でもろいところがある」、と云うのが、巷の心理学者でもある不肖、今唐の見立てなのである。

 (この項おわり)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック