ああとにあつく!原子力・安全保安院の独立に付いて(提言、考察シリーズ)

 原子力・安全保安院の独立に付いて(提言、考察シリーズ)

 保安院の独立をどうするのであろうか。IAEAからも「指示」されている。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」が考えてみた。

 一つ、今の保安院にも恐らくプロパーは居るのであろうが、委員長(院長)はプロパーから出すべきである。但し、役員は天下りでも良い。実務的知識や技術を補充する意味がある。

 今回の事件でつくづく思ったが、一番、原発の事故防止の技術や知識を持っているのは現場(メーカーや電力会社)だということだ。従って、不肖、今唐は「jR西の事故」の時に「運輸安全員会」にJRなり関係業界の天下りをさせるなと書いたが、少し、短絡的であった。

 二つ、従って、トップをプロパーとして独立性の確保を図り、役員会の意志決定についても独立を保つため、その構成についても配意して、企業や官僚、電力会社から天下りがあっても良いのである。

 そのように趣旨換えしたので、読者の皆さんよろしくお願いします。

 また、ついでだが、管総理が世界にパホーマンスでぶち上げたが、5月7日、成長戦略会議が開催され、日本のエネルギーについても、これから検討していくようである。先ずこれがあって、「太陽発電パネルの設置」であろう。

 管総理の「エネルギー基本計画」の「白紙撤回」に異議あり(考察シリーズ)
   << 作成日時 : 2011/05/22 18:33 >>
   http://39383054.at.webry.info/201105/article_21.html

 だが、鶏が先か、卵が先か、の問題であろうが、「大臣が知らない」、と言うのは、独裁者といわれても仕方ないであろう。可哀想な気もするが、管総理、さっさと辞めたほうが良いように思うのですが。

 未練たらたらはご自身のためにもならないと思いますよ。もう、サイは投げられてしまったのですから、スパッといきましょう。

 (この項終わり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック