ああとにあつく!ぶったまげた慶大前塾長殿について(考察シリーズ)

 ぶったまげた慶大前塾長殿について(考察シリーズ)

 産経紙(1月7日)が伝えている。安西慶大前塾長がNHK新会長を受諾したようだ。だが、経営委員会(NHKの最高意志決定機関だそうだ)が、その臨時会合の席上で、新会長が自分の交際費が、幾らだ、と聞いたことが問題にされた、そうである。

 つまり、自分の自由になる金は幾らだ、と聞いたようなのだ。調べないが、多分、会長でも給料はある筈だ。にもかかわらず、そのような「余分に使える、ある意味汚い金の額」を聞いたことが問題にされたようなのだ。

 つまらぬ、どうでもいい人事の話なのかもしれないのだが、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」がこの記事を書くに至った理由は、記事の主人公が慶応義塾の前塾長だからだ。

 つまり、規制改革とやらで、格差を急激に加速させた金に汚い竹中教授が在籍する大学だからだ。むべなるかな、このような塾長が在籍した大学だから、竹中教授を引き取ったのだ、との思いが、産経の記事を読んだ時に、ふと、過ぎったからなのだ。

 慶応大学の学生さん、教授の皆さん済みません。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」で不肖、今唐は、竹中教授が大嫌いなのでこのようなことを書いているのです。慶応大学は私学の雄であることは間違いありません。殆ど、大部分の、学生さんも教授も、頭脳や人間性など優秀だと思います。但し、箱根駅伝は最近弱そうですが。

 以上がこのブログの記事のメインであるが、安西前塾長殿は、それ以外にも、単なる質問であるか、就任の条件なのかどうかは不明であるが、

○ 都心に居宅を用意できるか(氏は神奈川だそうだ、十分、通えるであろう)
○ 副会長は自分が連れてくることが可能か

 と聞いたようであり、現会長の福西氏は就任要請の時は、一切このようなことは無かったそうである。

 不肖、今唐の独断であるが、上の内容から予測できる事は、どのような学問的な業績をお挙げになっているか知らないのだが、どうも、傲岸不遜な利己的人物のように思われ、福沢諭吉翁も泣いていると思うのであるが、どうであろうか。

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック