ああとにあつく!白鵬が負けた(個人的感想シリーズ)

 白鵬が負けた(個人的感想シリーズ)

 白鵬が稀勢の里に負けた。残念である。一番負けて欲しくない相手に負けたからだ。稀勢の里フアンには申し訳ないが、彼が若くして幕内上位に進出してきた時は注目していたのだが、立会いが汚い事に気付き嫌いになってしまったのだ。

 今では見られないのだが、当時、故意に早く突っかけて、あるいは待ったをする立会いがあって、若いのに、何と言う相撲を取るのかと、いやになってしまったのだ。「無明の相撲」を取ると考えたのである。

 お相撲さんでいえば、名前が出てこないが、この間引退した横綱と同様の相撲取りだからだ。勝つことが第一の相撲取りだからだ。今回の相撲でも、立会いはまともで立派であったが、押し込まれて思わず横綱に張り手をかましたのである。と言うよりは、殴りつけたのである。

 そして、最後には「駄目出し」までしてしまったのである。産経紙に勝負が付いた瞬間の、彼からすれば後ろからの写真がでているが。横綱の身体は死んでおり、彼への圧力は全く失われているのに、その後でもう一押ししているのである。

 「無明の相撲」などと訳のわからない造語を使ったのだが、彼の無明がそうさせたのである。従って、故意ではなかったと思うのである。稀勢の里は横綱よりは若かった筈だ。この点を脱皮すれば、日本人の立派な横綱に育つはずだ。本当の一流の人物の多くは、立派な人格も併せ持つのである。

 双葉山は連勝を止められた後、「我、木鶏足りえず」、と誰かに電報を打ったそうだ。白鵬の負けたコメントは同様のことを彼なりの言葉で語っていた。例えば、「もう一つ勝ち星を増やそうと思ってしまったこと」旨のコメントなどだ。つまりは、無念無想の心境ではなかったということだ。

 もっと具体的に言えば、張り返したことが敗因であると思う。彼はそのことを承知している筈だ。張り反す、殴り返している間に、一気に体勢を崩してしまったではないか。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」が相撲に興味を持った理由は、多くのお相撲が勝因を聞かれると「覚えていない」と朴訥に答えることからであった。柔道でも、剣道でもそうだが、日頃の稽古から習得した技が「無念無想」のうちに出るから、そう答えるのだと気付いたからだ。

 白鵬も若く、稀勢の里も若い、未だこれからである。文化と伝統のある「日本の相撲道」の中で切磋琢磨してほしいと考えるのである。稀勢の里には、特ににそのことを望みたい。

 (この項終わり)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック