ああとにあつく!谷亮子の残念な政治進出について(考察シリーズ)

   谷亮子の残念な政治進出について(考察シリーズ)

 報道を聞いてびっくりした。「小沢ガールズ」として、柔ちゃんが、参院選の全国区比例に出るそうである。その理由は、以前から悪代官小沢に応援をいただいていたそうであるし、この3月に要請を受けたからだと言う。だが、どうも、昔からの腐れ縁はないようである。

 3月に「トヨタ問題」で政府の支援をお願いに行ったようであるが、その頃に、悪代官小沢に悪字知恵がひらめいたのであろう。無碍なことをする男である。

 結論から書いておくが、出馬は彼女の商品価値を著しく低下させるであろう。1期6年で引退せざるを得ないであろう。

 柔道3段、剣道2段の市井の武道家の不肖、今唐の「柔らちゃん」の柔道は好きではなかった。彼女の柔道は、基本としては、際限の無い組み手争いをしながら行なう得点稼ぎの柔道であったからだ。

 国内外を問わず対戦する相手にとって、チョコマカした彼女の柔道ほどやりにくいものは無かった筈だ。1本取ることもあるのだが瞬時の返し技とか、組際のもので、日本の本来の柔道のものではなかった。

 次のオリンピックも目指すそうであるが、もう旬を過ぎているのである。「公約違反」になることは必定である。

 今の日本柔道界は、やっと、チョコマカした際限のない組み手争いの、つまり、得点稼ぎの柔道から、本来の日本柔道に戻りつつあると、感じており、また、そうでなければ日本柔道の再生はない。

 谷亮子氏は、スポーツ振興に貢献したい、スポーツ大臣を目指す、国民の幸せを目指す政治をしたい等と語っているが、もともと政治を勉強していたようには感じられない。

 何故なら、民主党及びその政権の「めちゃくちゃないい加減さ」や悪代官小沢の様々な問題については、国民の殆どが認識しているところであり、真に政治を目指すの者が、今、「政党人(政治を生活の糧としている人間の意)」は別にして、民主党から立候補する筈が無いからである。

 鳩山、悪代官小沢が在籍したままの民主党から、今、立候補する者は、余ほどの政治オンチか、単なる政治的信念などを持たぬ「パフォーマンス人間」なのである、そう断言してよい。

 彼女の出馬にあたっては、おそらく、「トヨタ労組」出身の名前は忘れたが、幹部の働きかけがあったとも思うのだが、本当に罪なことをするものである。

 日本の貴重な「さわやか女性」を潰すことになるのである。彼女は、ある意味、民主党が選挙に勝つよりことよりも、よっぽど重要な存在なのである。もう一度、書いておこう。罪なことをするものである。

 (この項終わり)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック